BLOG

大豆毒(T-T) 目黒のエステ&メンテナンスサロン 背中痩せリンパドレナージュ

2022/04/21

みなさま、こんにちは♪
 

 

ちょっとした気管支炎から完全復活しております。

 

たまには、風邪や熱はだしたほうが良いと思いました\(^-^)

 

いつも元気で健康の有り難さが分かりますね!!


 

ちょっと実家に用事があって遊びほけておりましたー(笑)

 

なので、今日はブログ久々になってしまいました(^◇^)



 

さて、、、、

 

大豆毒。。

 

ちょっとショックでした。

 

ある先生が大豆毒と言う本を出されたので、ちらっと調べてみました。

 

以下。。。


 

大豆は、植物が昆虫や外敵から身を守るために持つ、生物毒を持っています。

 

毒があるなんて!と私もびっくりしましたが、よく考えれば、大豆も生物であり、自分自身を守らなくてはならないので、これはあって当然ですね。

 

大豆に限らず、種にはそういう生きる仕組みがあるのです。

 

この生物毒は、種子に多く含まれ、葉と茎と根にまで及ぶ植物毒とも呼ばれ、強いアクのようなものです。

 

 

 

大豆にあるタンパク質の主なものとしては、レクチンとサポニンと呼ばれるタンパク質です。


 

これらのタンパク質は、大豆を加熱しても分解されません。


 

これらは抗栄養素と言って、動物に食べられないように備えられたものです。

 

 

 

レクチンもサポニンも、他の食品のあらゆるものに含まれており、何の由来かによっても毒性や、働きが違い、多様な性質を持つタンパク質であることから、一様に説明することができません。


 

 

レクチンは赤血球を固まらせる働きを持っています、大豆のレクチンもまた、この働きを持ってはいますが、食べたり飲んだりした場合、腸管で吸収されることはないので、今では問題になっていません。


 

ここまで、ちょっと怖いなーと思われそうな大豆の話をしましたが、大豆には優れた栄養がたくさんあります。



 

そして美味しい!

 

ではどのように食べることがいいのでしょうか。

 

それはズバリ!発酵です!

 

それから発酵していない大豆製品については、適量を摂るということ。



 

以上です。


 

私もショックでしたが、生で大豆は食べないし、ひとまず豆腐とか食べ過ぎなければ大丈夫そうですね(>_<)


 

それでは、また☆

 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます♪

 

目黒のエステ&メンテナンスサロン
背中痩せリンパドレナージュ

 

癒し空間リプル