BLOG

痒いってつらいよね(T-T) 目黒のエステ&メンナンスサロン 心と体の解放リンパドレナージュ

2021/09/23

みなさま、こんにちは♪

 

 

いやー、、コロナ禍ですかなり神経を使い、知らぬまにストレスがかかっていたのでしょう。

 

なんと、私、アトピーが再発したんです。
 

小さい頃はひどいアトピーでもう大変な皮膚でした。痒くて痒くて、背中は地図のようになっていたのは何だか記憶があるんです(T-T)
 

大人になってからはそんなに肌の悩みはなく、ただ独立した頃35歳の時に、目の周りとおでこにアトピーらしきカユカユとガサガサで皮が剥けていたのを覚えています。
 

何でなったのかは実は理解してます!!
 

体も心も今まで緊張していたのが、急に最近、頭のほぐしやら自分の心と体に向き合い癒しを与えていたら、副交感神経が優位になったせいなのかな?

 

汗かきだから汗もが出来て(赤ちゃんみたい)そこから痒さが広がって行きました(>_<)


 

ま!!必要だから、中から毒素が出たしたのかもね(^^ゞって思っています。
 

 

幸いにも顔はそんなに出ていないから良かったです。
 

腕と首がちょっとかわいそうな事に・・(*_*)
 

 

わたし。。今まで肌はつるつるで何も出来ていなかったからちょっとショックですが、仕方ないですよね(>_<)

 

私はステロイドとか薬がだめなんで自然治癒を目指します(^^)/
 

さて、、ちょっと記事を拝借しました。

 

↓以下。。


 

アレルギーをおこしやすい体質と、乾燥肌のため皮膚表面の防御が弱く、いろいろな刺激物が体内に入りやすい(これをバリアー障害といいます)という2の特徴を持っています。

(この2つの特徴がアトピー体質と言われるものです)

 

このような弱い皮膚にダニ、ハウスダストなどのアレルギー的悪化誘因や、乾燥、発汗などの非アレルギー的悪化誘因が作用し、炎症をおこして、赤く、かゆくなるのです。

 

また、心身にかかるストレスは直接、私たちの大脳に作用してかゆみをおこすことも知られています。 


 

 なぜ、アトピー体質になるのか、まだ、はっきりとした原因はわかっていません。

遺伝的要因、免疫異常、乾燥肌、環境(衣・食・住)の変化、ストレス、等々いくつもの要因が複雑に絡んでいるのと考えられています

 

アトピー性皮膚炎は昔からよく見られるありふれた病気ですが、一時期、アトピー性皮膚炎を巡って、マスコミや一部の心ない医師たちにより、誤った情報、特殊な民間療法などが宣伝され、社会的混乱を来し、いつの間にかアトピー性皮膚炎はたいへんな病気という誤解が広まるようになってしまいました。

 

 しかし、最近は以前と比べると重症なアトピー性皮膚炎は少なくなってきました。
 

アトピー性皮膚炎は決してたいへんな病気ではありません。

 

特別な治療は必要ありません。ただ、軽快するまで少し時間がかかります。

 

以上でした。

 

皆さんも、今の時期はちょっと感染者数が減ってきたことで気が緩んだりすると、色々な体調不良が出て来るかも知れませんが、慌てずにゆっくりと療養していきましょうね♪

 

私も改めて皮膚が正常でツルツルしていた事が有難いことだったのだと再認識出来ました(^^)/
 

 

 

写真はちょっと前にまだカユカユになる前に五反田のTOCに行った時に買った懐かしい香水にしてみました。

(若い女性向きかも・・(汗))

 

 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます♪
 

目黒のエステ&メンナンスサロン
心と体の解放リンパドレナージュ