BLOG

ガンは熱に弱いの?? 目黒のエステ&メンナンスサロン むくみ&美脚リンパドレナージュ

2021/06/18

みなさま、こんにちは♪
 

今日は朝からお客様と体温が上がると良いことだらけで、たとえガンになっても深部体温が上がれば勝手に死滅していきます。
 

 

私の前職でのインストラクター時代で、実際にガンの末期で余命宣告された方もたくさん来られていました。

 

やはり、みなさんに体温を聞くと、昔は36度ちょっとあったけど、ガンになって久々に測ったら、35度ちょっとしかなかった。とみなさんおっしゃいました。

 

 

近頃はコロナ感染予防で、体温を測ることが度々あると思うので、今がチャンスです。

 

コロナだけを心配せずに、ワクチンによる副作用などにも、さまざまな難病も増えて来ているので、いかに体温を高くして病気にもならない体を目指すか!!
 

 

一緒に免疫力を上げて、体温も上げていきましょうね♪

 

 

とにかく、湯船にしっかり浸かって下さいね(^^)

 

あとは、アイスクリームなど砂糖と冷たいものは、ガン細胞が大好物ですので、なるべく控えるようにして頂けたらと私は思っています。

 

こんな記事がありました。


 

ご参考までに!!

↓       ↓
 

心臓と脾臓(ひぞう)はガンにならないと言われていますが、ガンにかかりやすい臓器というものがあります。


 

それは胃、大腸、食道、子宮、卵巣、肺といった管腔臓器なんです。この管腔臓器は外界と通じているので外気温などを取り込みやすく温度が下がりやすいとされています。

 

 

また乳房も体幹から突出しているので外気にさらされやすいので、体温が低くなりがちで、乳がんになりやすいといわれています。
 

 

また乳房にある動脈の数は同じなので、乳房が大きくても小さくても血液の供給量は一定なので大きな乳房ほど冷えるということになるそうです。
 

 

 

そして日本人のガンは2001年当時で30万人を超えているんですが、その理由が日本人の体温の低体温化が原因とされています。

 

ちなみにガンが熱に弱く、冷えに増えるエピソードがあるんです。


 

①バセドウ病は甲状腺機能亢進病といい新陳代謝が活発になるのですが、非常に体温が高くなります。このバセドウ病患者のガン罹患率は非常に低いと言われています。

 

②イタリアのローマにマラリアを媒介する蚊が生息する沼があったが、沼を埋め立てたところガン患者が増えた。

 

 

その理由は、マラリアはマラリア熱という高熱がでるのですが、マラリアにかかる人がいなくなったためといわれています。

 

 

③ドイツのブッシュ医師は丹毒や肺炎などで高熱が続くとガンが治ってしまう患者がいるという研究論文を出しています。
 

 

④NY(ニューヨーク)のコーリー医師はやはり丹毒にかかった38人のうち20人がガンが治ったといっています。

 

 

⑤日本の国立感染症研究所から子宮がん細胞を取り出して32度から43度で温度変化を与えたところ、39・6度以上でガン細胞は10日ほどで死滅し、正常な細胞は影響を受けなかったという研究結果が発表されました。


 

以上です。


 

温泉なども良いですよね!でも中々行かれないから、おうちのお風呂か、岩盤浴や、ヨモギ蒸しも婦人科疾患にはとても良いと思いますね(^^)/


 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます♪


 

目黒のエステ&メンナンスサロン

むくみ&美脚リンパドレナージュ
 

癒し空間リプル