BLOG

気を元に戻せば『元気』に!! 目黒のプライベートエステ&メンナンスサロン ブライダルエステで背中痩せ

2021/04/12

みなさま、こんにちは♪


 

今日は私の祖母の命日です。

 

毎年忘れていません。私は小さな頃とてもおばあちゃん子だったんです(^^)
 

亡くなってから33年が経ちました。
 

生きていれば106歳です~☆

 

今日は特にいつもより長めに朝からお昼近くまで家族や私の周りの方やお客様とお客様のご家族、そして自分の遠隔調整をさせて頂きました!!
 

健康が1番ですね!
 

私は4月の前半暇があり、首や肩凝りが凄く、これは不味いと思い、鍼にも行き、自分メンナンスをしっかりするようになりました。
 

しかし、人間はメンタルが弱ると体への不安が増したりしますね(>_<)

 

こんな記事を参考にして見て下さい♪

↓      ↓

「病は気から」をはじめ「気軽ければ病軽し」「養生に身が痩せる」「心配は身の毒」…これらのことわざは、ご存知のとおり健康な時も病気になっても心の持ちかたが大切なことを示しています。
 

ストレスから逃がれられない現代社会、少しでもストレスを軽減したいものです。
 

今回は、先人が残したこれらのことわざについて、現代科学の見地からその根拠を探ってみましょう。
 

 皆さん、“免疫”という言葉を耳にされたことがあると思います。

 

そう、病原体(細菌やウイルスなど)が生体に侵入した際、それを排除しようとする生体防御機構のことです。
 

この免疫システムにおいてさまざまな役割をもった数々の細胞が活躍しますが、今回はその中でもナチュラルキラー細胞(NK細胞)という細胞に注目してみましょう。

 

 NK細胞、直訳すれば“自然の殺し屋”。

 

なにやら物騒な呼び名ですが、その役割は体内で感染した細胞や悪性の細胞を発見すると、たとえ攻撃指令がなくても独自に戦闘態勢に入り、強大なパワーで敵(抗原)を粉砕してしまうという性質を持っています。
 

特に、がん細胞・ウイルス感染細胞などの異常細胞を殺し、抗腫瘍効果には抜群の威力を発揮する実に頼もしい細胞なのです。
 

興味深いことに、もうひとつのこの細胞の特徴は、笑うことによって細胞の働きが活発化するということなのです。

つまり、快活に笑えばNK細胞は活発に働き、悲しめば細胞も元気をなくすという具合に、非常にメンタルな影響を受けやすいことがわかっています。

 

実際に大阪吉本興業の “グランド花月”で行われた実験では、漫才・落語・新喜劇の見物前後に血液検査を行った結果、観客18人中14人がNK細胞の活性値が上昇したそうです。

 

まさに「笑う門には福来たる」です。

 この効果は、なにも腹を抱えて大笑いまでしなくても、たとえば無邪気に遊ぶお孫さんの姿を見て微笑んだり、雪融けと桜の開花を想いわくわくしたり、何か新しいことに挑戦しようと積極的な気持ちになったりすることでも十分現れるようです。

 

(意外なことに作り笑いでもOKだそうです。)

 

笑いに限らず生きがいをもって朗らかに生き生きした生活は免疫能を高め、反対に心配事で不安な気持ちでいたり、ストレスを感じながら嫌々仕事をしたり憂鬱な気持ちでいると免疫能に打撃をおよぼすようです。

 

こんな話を聞くと、ことわざの意味も妙に納得できますね。
 

では、今日からなるべくで良いので一緒に実践できたら良いですね(^^)/

 

.イライラ、くよくよせず

.明るく朗らかに喜び楽しみ

.夢中になれる趣味を持って

.毎日リラックスできる時間を

.積極的なプラス思考を持つように・・



 

とは言っても、なんともこれが難しいのですが・・・(>_<)
 

でも、ストレスを減らして強気でコロナなどのウイルスに打ち勝ちましょうね♪
 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます♪
 

 

目黒のプライベートエステ&メンナンス

ブライダルエステで背中痩せ

 

癒し空間リプル