BLOG

みなさま、酸欠ですよ。目黒のエステ&メンナンス リンパドレナージュの背中痩せ

2021/01/07

みなさま、こんにちは(^-^)v

新しい年が始まりそろそろ仕事始めの方々も多いと思いますが、、、
 

緊急事態宣言が明日か9日からとなりましたね。

正直、少しは変化すると思いますが、何とも言えませんね(>_<)
 

癒し空間リプルは休むことなくやって行きます!!
 

11月から新しいお客様もまた、リピーター様も通常通りいらっしゃるようになりました。

今年になり1/4より通常通りスタート致しました。
 

2回目以降のリピーター様には全員のお客様に『はずれ無しの新春福引き大会』に参加して頂いています(^^)
 

かなり人気の商品が当たるチャンスです~!!

まだ、6等と9等と10等お二人しか出ておりませんよ。
 

新年明るい年になるために福をたくさん引き寄せにいらして下さいね☆(^-^)v

 

さて、、、

以前にもブログや施術中にお伝えしましたが、、
 

ここ最近はマスクのしすぎによる酸欠。。。

仕方ないのですが、何とも酸欠になっても対処してたくさん酸素を吸いましょう!!

でも鼻から中々うまく吸えない!

こんな方が多くないでしょうか??
 

私もその一人でした。
 

どうしたら良いか?
 

肋骨を締めてください(^^)/
 

お医者様が書いた記事です。参考までに。。

↓     ↓

医師も推奨! 「肋骨締め」は見た目がよくなるうえ、ストレスや不眠を改善させる

骨芽細胞は、若返りのホルモンと免疫力アップのホルモンを分泌します。

肋骨締めを行い、骨に刺激を与えることは、理想のボディラインを手に入れるだけではなく、若さと健康維持にも最適なのです。

肋骨は動きやすいため、1日に2回行うだけでじゅうぶんです。

 

肋骨は自分で動かせて形を変えることができる

 

体のラインを変えようと思うと、運動で鍛えたり、エステに行ったりと、手間や時間、お金ややる気も必要と考えがちです。

 

しかし、「肋骨締め」は、運動ではありませんし、お金も手間もかからず、いつでもどこでもできる、画期的なおなかやせの方法です。

肋骨は動くのか、という疑問をお持ちのかたも多いでしょうが、実は腕や足などのまっすぐな骨と違い、肋骨はとても柔軟な骨です。

 

肋骨と胸骨をつないでいるのは軟骨で、丸みがあって変形しやすいのが特徴です。

 

 

私は今のクリニックを開業する前は、総合内科、ER(救急)、ICU(集中治療室)の3領域で働き、さまざまな手術に立ち会いました。

 

特に心臓外科の領域では肋骨がじゃまになることが多く、ハサミでよく切っていました。

術後、患者さんにコルセットをつけていただければ、切った肋骨は数日でつながります。

肋骨が折れても、手術の必要がない人が多いのはそのためです。

また、肋骨は職業によって形が違ってきます。例えば、デスクワークが多い人の肋骨は、前かがみになるため横に広がりがちです。

 

肋骨締めを行うことは、そういった肋骨の歪みを直すのに役立つでしょう。

 

 

以上です。
 

やり方を書き出すと長くなりますので、『肋骨締め やり方』などで検索してみてください。

精神的にも落ち着くのは、深呼吸をプラスされると効果的です。

リプルでは施術で肋骨が開いている方は閉じますのでご安心を。。
 

肋骨が正常で開き過ぎていないと、食欲を無理なく抑えることも可能何ですよ!!

食欲が異常な時は肋骨が開ききってしまっていると思いますね(*_*)

まず!やってみて下さいね♪

わからない時はいつでもLINEやお電話で聞いて下さいね(^^)/お時間空きましたから必ずご連絡致しますので!お気軽にどうぞ☆
 

 

追記:トップの写真は新年1号でいらして頂いたお客様から素敵な大好きなカラーのブーケを頂き癒されています!!

 

 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます。

 

目黒のエステ&メンナンス
リンパドレナージュで背中痩せ

 

癒し空間リプル