BLOG

冷房病に注意です!! 目黒のリンパドレナージュ 背中痩せと美脚メイキングエステ

2020/09/01

みなさま、おはようございます☆
 

いやー、、暑いですね(>_<)

 

私はマンションのエアコンのリモコンセンサー部品が壊れたようで、リモコンが一切使えなくなり、何とか今は応急自動運転しております。
 

もし、全く使えなくなったら、熱中症になってしまうでしょうから大変な事です(涙)
 

メーカーさんは今電話は繋がらないし本当に困ってしまいました。

 

私だけならばともかく、今はコロナの影響でお客様はそれほど多くないので、逆に良かったです☆

 

温度設定出来ない事でお客様にご迷惑をかけてしまう可能性があるので、本当にヒヤヒヤしている毎日なんです(+_+)
 

皆さんは、キンキンに冷えたお部屋に毎日過ごされていると、相当芯から冷えてしまい首こり、腰椎、股関節痛などが起こってきます。
 

「夏バテでもないのに体調が悪いなあ…」

 

これって冷房病?

 

冷房は暑い日を乗り切るためにかかせない存在ですが、使い方によっては体調不良の原因となってしまいますね(>_<)

 

今回は冷房病がなぜ起こるのか、その原因と対策をお伝えします。

 

 ※「冷房病」という用語は俗称です。医学的には自律神経失調症の一つとして診断されます。


      
私たちの体は、自律神経の働きによって体温や発汗などをコントロールしています。
 

夏になると体内での発熱を抑制し、血管を拡張させて熱を外に逃がします。

 

しかし、冷房による冷えすぎや、室内外の温度差に体が適応できなくなると、自律神経のバランスが崩れてさまざまな症状が現れます。
 

冷房の標準的な設定温度は26~28℃がよいと言われています。
 

人によって体感温度が違うので、「寒い」と感じない温度が基本です。
 

外気温との差が大きいと外出時の体へのストレスが強くなるため、外気温マイナス3~4℃が理想です。
 

また、冷房の風に直接当たると、体温が急速に奪われます。風向きをコントロールして、吹き出す冷気に当たらないようにしましょう。

 

特に寝ている間に喉などがやられやすいです。(口呼吸になっている人)

 

しっかり首などはタオルなどで覆って下さいね!!
 

私はエアコン使用時は腹巻きをして、首は薄いタオルで覆います。
 

今の時期に風邪をひくと、コロナ感染と間違えやすいですし、病院に行く事で感染リスクが出て来てしまうので注意が必要ですよね(T-T)

 

最近買い物に行くたびに思うのが、スーパーで、買う商品や買い物かごに触れた手で、スーパーを出て歩くと暑いから急に鼻が痒くなったり、目が痒くなったり、汗が目にしみたりするので、目をこすってしまったり、鼻をこすったりする事があると思うので、

 

入店した時だけでなくて、お店を出る時もしっかり消毒をして出ていかれた方が良いと感じました。
 

そうされている方々が多いとは思いますが、気を抜かずにきちんと出来る限りのマメな手洗い、消毒をしましょうね!!
 

私は個人的に、私のお客様はご存知と思いますが、リプルで使用している美容液を10倍くらいに薄めてスプレーしています(^^)
 

マイナスイオンが尋常ではないほど凄いので、コロナに効く?とかではなくて、、、
 

強力なマイナスイオンで体をガードして貰っている感じですね♪
 

くれぐれも、密に気を付けて過ごしましょうね>^_^<
 

リプルでは、タオル類やベッドの消毒や手洗いや常時換気し、マイナスイオンが出る空気清浄機などコロナ対策を行っておりますので、安心してお越し下さいませ。
 

体調が悪い方は、お断りさせて頂く場合があります。

 

その時は遠隔での対応も出来ますのでご相談下さいね(^^)

 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます☆

 

目黒のリンパドレナージュ
背中痩せと美脚メイキングエステ

 

癒し空間リプル