BLOG

脳をだまして心を軽くね!! 目黒の隠れ家エステ 背中痩せと小顔メイキング

2020/08/28

みなさま、こんにちは♪
暑くて大変ですね~。

 

でも、最近は異常な暑さではない感じがします。

 

でも、明日が危険!!東京は36°らしいですよ。

 

水分補給と、塩分をしっかりお取り下さいね(^^)/

私は歩いて買い物に行くのに往復20分~30分なので、お水はたっぷり飲んでお塩を小さな容器に入れてカバンに持ち歩きます☆
 

それくらい気をつけないと熱中症は侮れませんね(>_<)
 

良いお塩が無かったら、スーパーやコンビニでも夏場は、塩レモンとか雨が売っていますよね!

 

それをいくつかカバンに忍ばせておけば安心かもしれませんね。

さて、、
 

今日は皆さんもコロナ禍で不安やネガティブな気持ちでどうにもならない!

 

という方も多いかと思います(T-T)
 

こんな記事を見つけました。
 

↓       ↓       ↓

脳をだまして幸せになる! 専門家がおすすめする「折れないメンタル」をつくる方法


 

ネガティブな思考やストレスを解消したいのに、考えれば考えるほど負のスパイラルにはまる、なんて経験ない?

 「ポジティブな気持ちになるには、筋肉を使って脳をだますことが大切」と、体と心のメンテナンス法を教えてくれるのは元格闘家の大山峻護さんと、明治大学教授で脳科学などを研究する堀田秀吾さん。

彼らの共著「心が強くなるストレッチ」から、その方法をご紹介。

 

  運動すると幸せになる? その理由を専門家が解説
 

体を動かすことで、ホルモン・自律神経のバランスが整うことを紹介した「科学が証明! ストレスレベルを下げる『心が強くなるストレッチ』のやり方」

“楽しい”“うれしい”という感情を生み出したいときにも、まずストレッチや運動をすることが効果的だとか。          
 

堀田さんによると、「脳は、暗い頭蓋骨の中に閉じこもっていて、自分自身では見ることも、聞くことも、感じることも何もできません。

頼りにしているのは、体のあらゆる感覚器から送られてくる情報。

脳は、その情報を元に、いろいろと判断したり、感情をつくり出したりしています」 つまり、笑ったり、上を見たり、滑稽な動きをしたり……

そうした動作は、脳をだましてポジティブな感情を芽生えさせる手助けをしてくれる。

 

緊張をほぐしたいとき、リラックスしたいときも、体を動かして筋肉を刺激するのが◎。
 

筋肉は体を動かす器官であると同時に、筋肉の長さや張力の変化を脳に伝える感覚器でもある。
 

緊張などで体が強張っていたら、軽く運動をすると筋肉の張力が緩んで、脳が「リラックスしていい」と判断するそう。
 

以上でした。

私も外は涼しい時だけ散歩して、部屋の中でステッパーで運動をすると心がすぐかるーくなります(^^)
 

皆さんもストレッチや自宅ヨガなどで心も体も軽くしましょうね♪
 

余談ですが、リプルに来て頂いてもめちゃくちゃ元気になりますよ~(^^)/

 

 

トップ画像は切り箱に入ったケーキを頂きました☆

 

お客様のお友達の息子さんが世田谷のお店のパティシエで、大人気のブランデーたっぷりケーキでしたが甘さ控えめで全く酔わなかったのが不思議な感じでした(>_<)凄く凄くしっとりして美味しかったです☆

 

 

ご馳走様でした!!
 

今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます☆


 

目黒の隠れ家エステ
背中痩せと小顔メイキング

癒し空間リプル