BLOG

なぜ、むくみやすいのか?目黒のむくみ専門リンパドレナージュ

2019/08/16

みなさま、こんにちは‼


お盆休みも終わりに近づきましたね~☆


私も今日1日お休みをとらせて頂きました。

 

さて、、

今日はむくみに悩んでいる方も多いのではありませんか?

 ご存知の方もいると思いますが、、ちょっとだけ豆知識を‼

 

夕方になると足がだるくなったり、お酒を飲んだ次の日は顔がむくんだりしませんか? 


そんなむくみを効果的にケアするには、どうしてむくみが起こるのかを知り、解消法を実践することです。

 


朝起きたら顔がパンパンに腫れ、夕方になると足がゾウみたいになってしまう……。こんなことが起こることはありませんか? 


特に、体調や天気が悪いと起こりやすいようです。

生活に支障をきたすほどではないけど、むくむと体はだるくなるし、足も重くなりますよね(>.<)y-~


かなり多くの方が悩まされている症状ですが、実はその原因はよく知らない人が多いようです。


むくみは「体の水分と大きく関わる」とは、何となくわかるもの。

人の体は、約60%が水分でできているということを聞いたことがある人も多いはず。


その体内の水分の3分の2は、「細胞内液」という細胞の中に含まれる水分で、残りは「細胞外液」といい、血液に含まれる水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分です。

 

これらの水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割を担っています。細胞や血管の中を行き来して体内の水分のバランスを保っているのも特徴のひとつです。


でも、このバランスが崩れて、細胞と細胞の間に水がたまり、異常に増加したのが「むくみ」です。

 

この「むくみ」を引き起こす原因として挙げられるのが、まず血流の低下。


デスクワークの人が、夕方になると脚がパンパンになるのは、下肢の筋肉を動かさなかったために、足の血流が低下してしまうためです。

 

体のなかでも、どうして足がむくみやすいかというと、、、


それは心臓から遠くにあるから。

特にふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液とともに水を全身に巡らせているのですが、『ずっと動かずにいる』と重力の影響で水分が下半身にたまってしまうからです。

あと、塩分の取りすぎでもむくみますね💧


塩の種類も血圧に関係があります。

海水から作られる自然な製法の塩であれば、体から塩分を排泄する作用のあるカリウムや、血管を緩めて血圧を低下させる作用のあるマグネシウムなども含むため、ナトリウムの働きを和らげます。


しかし、多くの塩は、精製塩と言って、塩化ナトリウムのみを抽出したもので、血圧が上がりやすくなります(>_<)💦


自然海塩を取るようにしましょう‼

自然のお塩は多目に摂取してもむくまないですし、血圧も上がりにくいですよ☆


参考にして頂けたら嬉しいです♪


今日も最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます(^^)

 

目黒のむくみ専門リンパドレナージュ

癒し空間リプル